まだまだ深まる「ジキル&ハイド byチョ・スンウ」

ジキル&ハイド 2次スポット

2014 뮤지컬 지킬앤하이드_2차 스팟




1/9と1/11に観たこの方の「ジキル&ハイド」



もうずいぶん色々なことを書いてきたので、さすがにそれほど書くこともないだろうと思っていたのですが、とんでもない思い違いでございました^^;
ますます繊細で、想像力を掻き立てる演技や歌に、喜び、戸惑い、感嘆し・・・・・
心臓のバクバクは、さらに激しさを増して行ったのでした

もちろん舞台は生ものですから、毎回変化はあるのですが、スンウさんの場合は昨日と今日でガラッと受け取り方が変わてってしまうのですから、もう大変!
「こんな解釈もできる。」「こんな表現もありじゃないか。」
という様々なパターンを示し、
「あなたはどう思う?」
と、問われているような気分になったりもするのでした。

今回の舞台からは、
「より近くなったジキルハイドの距離」
を感じた私。
長くなると思います、きっと・・・・・
完全ネタバレしているので、もっと深くストーリーを知りたいという方の手助けにはなるかもです^^

今回は時系列で追いながら、9日と11日の印象に残ったことを並行して記してみたいと思います。
1/9については、
1/11については、
両日共通の内容と、私が考えたことについてはで。


1/9のキャスト
fc2blog_201501180134199e1.jpg

ルーシー
ソニャ

エマ
イ・ジヘ


ジキルから見えたこと

会議のシーン
最後の最後に理事にひざまずいて懇願するのは、今回も同様でした。
この場面、ジキルの必死さがますます大きくなっていたように思いました。
理事の中に割って入り、思いをぶつけるジキル。
突き放されても、突き放されても、食らいつき、掴みかからんばかりの必死さが辛かった。
結局否決されてしまった(エマのお父さんダンバース卿は棄権します。)あとに、理事たちを、
「ゴミ」「偽善者」
と吐き捨てるジキル。
表では正義を振りかざす理事たちが、裏でどれだけあくどいことをしているか分かっているジキルには、許せないことなのですよね。
ジキルはかなり激しい感情を内面に持っている人間で、それを理性で抑えている事が伝わります。
その理性をはぎ取った姿がハイド・・・・デフォルメされた姿です。

一転する、婚約式のシーン
婚約式はすでに始まり、ジキルは遅れてやって来ます。
下手から登場したジキル
息をゼーゼー、ハーハーさせて、前かがみで両手を腿に当ててしまうほど
時間を忘れて研究に没頭してしまい、必死に走って来たということが、よ~くわかりました!
前回は、楽しげにボーイさんと話していたのですけどね。
このジキルの登場シーン、この時舞台中央では他の役者さんが演技をし、下手側にはライトは当たっていないのですが、熱演でした^^

9日は、この後のシーンがとても和やかでした。
ジキルが到着してエマのところに行こうとすると、悪友たちがジキルをからかうのですが、
もう、うるさい~
という感じで2人をバシ!、バシ!、と叩きました^ ^
エマとの別れ際に急かすジョンのことも、バシ!と叩くジキル。
そしてエマにキスをして、さあ行くぞという時にはジョンが、お返しとばかりにジキルの肩をバシ!、と掴みました!
笑みを浮かべながらの、バシ!バシ!の応酬
もう、可笑しくて可笑しくて。
その度に客席からは、笑いが起きていました。
ジキルとエマが最初に会話を交わすシーンは、ビコンスフィールド夫人のご主人のことを肴に冗談を言い合うのですが、この日のジキルは満面の笑みでパチンパチン!、指も鳴らしちゃって、とっても楽しそう。
こんなに和やかだったのは、初めてでした(*^^*)


ルーシーと初めて会う酒場のシーン。
気乗りのしないジキルは、最初は何気なくルーシーを眺めているのですが、ルーシーが腰を上下に振り男性を挑発する動作から顔をそむけてしまいます。(純情な男^^?)
その後・・・・
9日は、テーブルのキャンドルの飾りをちぎって、手持ちぶたさ風にその飾りをちぎっては投げ、ちぎっては投げ・・・・
だだっ子みたいに^^

あとはなんだか、曲に合わないのに横を向きながら手拍子を入れてみたり。
11日は、今までになく舞台に目を凝らしていた気がしました。
もちろんキャンドルの飾りのちぎり投げはなし^^


今回新たな発見が・・・・
曲の中でルーシーがジキルを方を向いて、
♪アナジョヨ~(抱いて下さい)
と歌うのですが、その後男性陣が騒ぐのです!
ジョンがニヤニヤしながらジキルに、「今のはおまえに言ったよな。」
ジキル「えっ?僕じゃないよ、違うよ。」
と否定して、隣の席の悪友に声をかけ、
「なぁ、今のは僕に言ったんじゃないよね?」
と確認するのです。(嬉しそうに^^)
もちろん舞台上ではルーシーが歌っているので、動作だけなのですが、そう見えます!
全く男って~・・・・って感じですよね
このシーンを観ていると、何だかんだ言ってジキルもまんざらではなかったのがわかります。
後にジョンに言われて「自分の中の二面性」に気付き、己の体で実験をすることを思いつくシーンの伏線になっているのかな。


実験室でのジキル、そしてハイド
11日の「チグミスンガン」、よかったです~。
渾身の力を込め、今までで1番よく声が出ていたような気がしました。
もちろん2日間とも、♪ナマネキ~ル、は上げて歌っていました

ここに来て、歌声がとても安定し、艶々に

9日は、腕に巻く紐の長さをすっごく入念に測っていて、客席から笑いが漏れるほど^^
そして注射の後は、こんな感じでした。
「麻薬?麻薬?(僕は)麻薬を作ったのか?」
(ケラケラと笑う)
もう、ここでまた客席は笑いの渦に。
9日のジキルは、本当に笑わせる場面が満載でした。

でも、笑いを取るシーンもここまで!
11日は、このシーンあっさりと通り過ぎました。

のたうちまわった後に登場したハイド。
クンクンと臭いをかぎ始めてビックリ!
これも初めて観る動き。
動物的なハイドでした。
11日は、注射の前に液体を混ぜるジキルも、匂いをかいでいました^^


ハイドが登場してからのジキル

ルーシーがジキルを訪ねる場面
今回、ハッと気がついた部分がありました。
いそいそとジキルを訪ねるルーシーですが、ジキルはそれどころじゃなくて、彼女のことは忘れています。
「私、ルーシー・ハリス」
と、はっきり顔を見せてようやく気付き、彼女を座らせてから
「なぜ訪ねて来たのですか?」
と訊くジキル。
ルーシーの背中の傷の酷さに驚き、
「警察に連絡しましたか?」
「私みたいな街の女の言うことなんか・・・・
でも、あの男の名前は、絶対に忘れない。ハイド、エドワード・ハイド

これで、表情が一変するジキル。
動揺したジキルは、今度は別の意味で、もう1度同じことをルーシーに尋ねます。
「なぜ、訪ねてきたのですか?」
「なぜまた?」と怪訝な顔をして、
「名刺をもらったから。」
と応じるルーシー。
ジキルは、ルーシーが自分をハイドだと知って訪ねてきたのではないかと思ったのですよね。
だから、それを確認する為に怖々尋ねた「なぜ来たのか」
・・・・・
そう思いました。
(って、気付くのが遅すぎる^^;)
混乱するジキルは傷を直視できずに薬を塗ろうとし、ルーシーを痛がらせてしまう・・・・・

そうそう、ルーシーと別れる時、ジキルは
「ハリスヤ・・・」
と、ルーシーを呼んでいました。
韓国語的には、より近しい表現なんですよね、この言い方。


で、ここからが、(勝手に私がそう思っている^^)問題のルーシーとのキスシーン。
9日は、ルーシーの要求に身を任せて顔を寄せるジキル。
その後も従来の流れ。
下手での苦渋の表情も同じ。

しかし11日は・・・・
出ました、左手!
左手をルーシーの顎に当てて自分に向けました。
そして、キスが長~~~~い
今まで観た中で、最高新記録更新です
「ハイドが顔を出してる?」
そう思いました。
下手にはけたジキルは、じっと考え込んで左手を見つめます。
ここでの姿は、ジキル・・・・
下手から上手に歩いて立ち止まったジキルが、最後の最後、一瞬「ふっ」と笑いました。
「あ~、ハイドだぁ~!!」
その微笑んだ顔は、間違いなくハイドでした!
無意識の中で、密かにジキルを支配するハイド。
私には、そう感じられました。
ルーシーにとっては、キスをした相手はジキル。
だからルーシーを愛したハイドは、ハイドとしてキスをしたかったんだろうなぁ、と勝手に想像する私です!

これからご覧になるみなさんは、どちらのジキルに出会うでしょうか^^?


実験室にエマが訪ねて来て・・・・
ここもジキルの思いが手に取るように分かる、シーンですよね。
ここでのジキルは、エマの前にハイドが顔を出しはしないか、怯えている感じがありありと。
「どう説明したらいいのか分からない。自分にも、分からないことなのだから。」
そんなジキルに、
♪説明しなくていいのよ
と、歌うエマ。

ジキルを抱きしめるエマに、右手を伸ばすジキル。
けれど左手は、だらんと下げたままでした。
エマとの別れ際、エマに
僕を捨てないで。
今までで、一番君を必要だと思っている。
愛してる。

と告げ、エマが去った後、この日のジキルは、泣きました、悲しげに


椅子に座ったジキルの左手を握るエマ。
突然ビクッと左手が動き、慌てて左手を引き抱え込むジキル。

寂しそうに歌うエマの後ろ姿を見つめながら、ジキルの唇は「エマ、エマ・・・・」と、ずっと動いていました。
その表情に、切なさMAX!
エマにすがりつきたい気持ちを、必死でこらえているジキルでした。
涙はありませんでした。


1/11のキャスト
fc2blog_20150118013503152.jpg

ルーシー
リナ

エマ
イ・ジヘ


ハイドの姿から、見えたこと

ずっと書き忘れてしまっていた、私の萌えポイント♡
それは1幕最後の、ハイドによる最初の殺人の場面。
ここで司教を殺すのですが、その時の回し蹴りが、チョーカッコいいのです
映画やドラマでは、派手なアクションシーンもふんだんに見せてくれる、スンウさんらしい切れ味鋭い回し蹴り!
毎回のお楽しみです^^

「Dangerous game」の前の2人
酒場にルーシーを訪れたハイド

しばらく遠くに行くかもしれないと告げた後
俺がここを離れるのが嬉しいか
そんなことないわ
コジンマル(嘘だ) コジンマル(嘘だ)  (11日は「コジンマル!」と声を荒げていました!)
嘘が下手だな
でも、そこが可愛い

そこが可愛い、って・・・・・^^

そして、激しい激しい「Dangerous game」
ルーシーのスカートをまくし上げる上げる!!
ホントにエロティックな2人なのですが、でも、いやらしくないんです!(キッパリ!!)
それはハイドの表情や言葉に、ルーシーへの愛を感じるからなのでしょうね。
今回も、ルーシーにキスを求める前には、囁いていたハイドでした。

ジョンとハイドがぶつかり合う研究室のシーン
「ジキルはどこだ!」と問うジョンに、
ジキル博士は、すぐには戻りたくないのさ。
薬はそこに置いていけ

ヘンリーに直接渡すんだ。ヘンリーはどこへ行った。
さぁ、俺が言っても信じないだろう。
ヘンリーがどこにいるか早く言え。さもなければ警察を呼ぶぞ!
おまえが誰だかわかっている。ヘンリーに何をした!
何をしただって?
あいつが俺に何をしたか見せてやる!驚くなよ!!


そう言って、ももに注射を打ちジキルに戻るのでした。
ハイドはジキルが何をしようとしていたか全てお見通しなのですよね。
完全に1枚上手です。

ルーシーの最後
年末は、ハイドの口から出た
「ナルル ポリジマ(俺を捨てないで)」
に衝撃を受けたのですが、今回もその台詞は健在でした。
そして、今回はそこに「ネ サラン(僕の愛する人)」と言う言葉まで加わっていました

11日はルーシーを訪ねて来て、こんな言葉を・・・・
ネ サラン ルーシー
俺の前に他のお客が来たのか
まさかあの医者か?
いや、あいつは忙しいからな

博士をご存知なの?
いや、少し、普通に、全部知ってるさ!
あいつと俺はとても近いから
おまえと俺のようにすべてを共有しているのさ
「すぐに旅立ってってください。お願いです。」
俺に別れの挨拶もなしに、ここから立とうとしたのか?

いいえ、私はどこにも行かないわ
そう、おまえはどこにも行かない
近くへ 俺の側にいろ
もっと近くに

(ルーシーを後ろから愛おしそうに抱きしめて)
俺を捨てないで

この言葉を言ってから、ルーシーをブスッと刺したハイド。
その顔は、悲しさに歪んでいました。
そしてとどめをさすように、ルーシーの首を正面に向けて横から切り裂くその瞬間、ハイドは辛そうに顔を横にそむけ、ルーシーを直視してはいませんでした。

「あ・・・・ルーシーのことを見ていない!」
この場面は、新しい衝撃でした。
私の中でその姿は、ハイドにつけられた傷を直視できなかったジキルの姿と重なったのでした、

「Confrontation」
この曲の終わり
アニャー!
アニャー!!
アニャー!!!

にも変化がありました

アニャー!(白のライト)
ハイド!!(緑のライト)
チュゴー(消えろー!)

こう言ったんです!
ハイドが自分で「ハイド!」
「消されてたまるか!、俺はハイドだ!」
という叫びなのでしょうか?
「チュゴー!」は、2人に共通する心の叫びでしょうね。

最後の姿が意味するものは・・・・・
エマとの結婚式。
実は今回、ラストシーンにも衝撃が走りました!
ハイドが姿を現しエマを殺そうとしますが、正気に戻り逃げ出すように舞台上手に下りてきたジキル。、
「クマン、クマン、チェバル・・・(やめてくれ、お願いだ)」
と、涙を流しながら胸を叩いたその直後、再びハイドが姿を見せ、ジョンに向かって行きます!
そして、対峙するジョンに向かい、
「ナル プロジョヨ・・・僕を解放してください。そして僕たちのすべてを・・・早く・・・」
と言い、ためらうジョンのステッキを右手に取り、自ら腹に突き刺します。
ところが今回、↑の台詞の声が、何と「ハイド
「えっ、声がハイド???」
と、9日は、一瞬激しく混乱!
けれど、後で反芻した時に、声はハイドでも、言葉遣いや内容、ジョンに対する仕草は、間違いなくジキルだったと感じました。
まさに一つの体にジキルとハイドが混在したその時、ハイドに支配されるのを必死に遮るジキルが下した結論
それが
「プロジョヨ・・・・・・」
だったのだと。

最後、愛するエマの腕の中のジキルは、臨終を迎えるその時まで、
「エマ、エマ・・・・・」
と、唇を動かし続けていました。




これが今回、私が、
ジキルハイドの距離がより近くなった」
と、感じた理由です。

初演から10年。
役者としてのキャリアと年齢を重ねながら、スンウさんはその都度自分の中で「ジキル&ハイド像」を模索し続けてきています。
10年目という節目の今回も、まだそれは続き・・・・・・
おかげで私の中の「ハイド像」も大きく変わりました

こうなってくると、最後は一体どこに着地するのか・・・・・
絶対に見届けなければ^^

さてこれから、「初めて」もしくは「再び」、スンウさんのジキハイをご覧になる方々は、どんな姿と出会うのでしょう^^?
楽しみですね♡
一期一会の出会いを、大切にしたいものです。


長くなりましたね~、今回も。
最後まで読んで下さって、ありがとうございます


2015-01-21 00:17 : ジキル&ハイド : コメント : 22 : トラックバック : 1 :
Bring On The Men «  ホーム  » 그 날들「熱狂のマッコン!」
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ミュージカル「ジキル&ハイド」の名曲たち
TVドラマ「馬医」で俳優、チョ・スンウさんのファンになり、ぜひスンウさんのミュージカルを観てみたいと思っていたところ、運よくチケットも入手でき、初めて観たミュージカルがスンウさんの代表作「ジキル&ハイド」(http://34402263.at.webry.info/201412/article_2.html)でした。 それまで知らないミュージカルでしたが、名曲の宝庫ですね♪ ネット上では...
2015-05-31 : 23:51 : iceskateのコンサートメモ
コメントの投稿
非公開コメント

No title
RYUさん チェゴ~(^^♪
2015-01-21 12:13 : オイプル URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-01-21 19:22 : : 編集
オウプルさん
エヘヘ*^^*

全然チェゴではありませんが・・・・
ありがとうございます♪
2015-01-21 21:44 : RYU URL : 編集
鍵コメさん
そうですねぇ。
私もここまで深く入り込める作品だとは、思っていませんでした。
2010-11年の時は、表ばかりに目が行っていたんですね。

今回まさか鍵コメさんが祭りを開催されることになろうとは!
ホントに驚きでございました。
と当時に、ちょっぴり責任も感じております^^;
感想をお待ちしていますね!

楽しい祭りになりますように~。
なんか私までドキドキです♡

> RYUさんの細かい所までご覧になった感想を、ここまで詳しく
> 書いて下さって有難うございます。
> ジキハイは奥が深いわ! 仰る通り どこまで進化するのでしょうか。
> 私は月末にチョジキルを初めて観る訳ですが、ウンテさんと比べながら
> 拝見する事になりそう。
> そしてスンウさんを観たあとのジョンハンさんがどう映るのか楽しみ
> でなりません。
2015-01-21 21:48 : RYU URL : 編集
すごいです~!!
RYUさま
     
大変興味深く読ませていただきました。
その洞察力、ほんとにすごいです!
感動。
   
しかし、数日違うだけでも、そんなに違うものなんですね。
まさに舞台は生きているんですね・・・。
   
違うルーシーとエマの組み合わせでも観たくて、
近々また観に行くことにしているのですが、
今度はどんな風に感じるのか、
ますます楽しみになってきました!!
   
ありがとうございました。

2015-01-22 23:42 : pippy URL : 編集
No title
RYUさん、
レポ楽しいです~♪♪♪
ありがとうごさいます。

会議シーン。
スンウさんの演技を観て、その後偽善者の理事達を一人づつ殺して行くのシーンが繋がりましたよ。。
(だからと言って殺めちゃだめだけど、汗)

>理性をはぎ取った姿がハイド
まさに!
私が観た時より更に強く懇願しているにですね・・・

Aliveでの回し蹴り!
映画などでご本人はお手の物だとは思いますが、
初見の私は「きゃっ!」と思わずお背中が背もたれから離れましたよ(笑)

私はまだまだ消化出来ていない場面がありますが、
正解が無いって言う所と、スンウさんの引き出しの多さで談義が尽きませんね。

よろしくです(笑)


2015-01-23 19:02 : hico URL : 編集
No title
力作。。
RYUさんは観劇後にメモをとられるのですか?

この記事のすごいボリュームを直後のメモされても
その間に覚えていられるのは素晴らしいです。
2015-01-24 02:59 : miii URL : 編集
pippy さん
pippyさん、お返事おそくなってごめんなさいm(__)m

ありがとうございます。
もう何回も観ているので、どんどん上書きされていく感じです^^
それでも、
「何でもっと早く気がつかなかったんだろう?」
という場面もあって、洞察力のなさにガッカリしてるんですよ^^;

その日のルーシーとエマによって、スンウさんの演技も変わっていくのだと思います。
私はなかなか、ジョンウンさんのエマに当たらなくて残念なのです。
ジョンウンさんとスンウさんは、確か同級生です^^

近々行かれるのですね!!
どんなジキルとハイドにお目にかかれるか、楽しみですね♪
pippyさんの「ネ サラン」はどなたですか^^?

2015-01-24 09:18 : RYU URL : 編集
hicoさん
楽しんでいただけて、よかったです^^

>会議シーン。
> スンウさんの演技を観て、その後偽善者の理事達を一人ずつ殺して行くシーンが繋がりましたよ。。

そうそう、このシーン、ジキルの怒りが大きく映れば映るほど、その後のハイドの殺人に説得力が生じてくるような気がします。
ジキルに向けられた軽蔑の言葉を、ハイドが相手に返しながら殺して行くというところも、2人が同じ線上にいることを感じさせますよね。

> 私が観た時より更に強く懇願しているにですね・・・

ハイ、そうだと思います^^

> Aliveでの回し蹴り!
> 映画などでご本人はお手の物だとは思いますが、
> 初見の私は「きゃっ!」と思わずお背中が背もたれから離れましたよ(笑)

萌えますよね、あの場面~♡
もっとやって~!!
と、私は叫んでおります^^

> 私はまだまだ消化出来ていない場面がありますが、
> 正解が無いって言う所と、スンウさんの引き出しの多さで談義が尽きませんね。

ホントにねェ~。
今回の、クンクン臭いをかぐところなんか、「そんなことまでしちゃう?」という感じでした^^
これからまた何か飛び出すか、目を離せません!
そして最後はどこに着地するか・・・・

また色々語り合いましょうね*^^*
2015-01-24 09:29 : RYU URL : 編集
miiiさん
> RYUさんは観劇後にメモをとられるのですか?

取ります、取ります!
そうじゃないと、こんなに細かく書けないです。
どんどん忘れていってしまうので^^;

いつもは帰りの飛行機の中で書くことが多いのですが、今回、9日は夜にホテルのベッドの上で、11日はソワレで向かったLGアートセンターのカフェで、ダーッと!
書きたいことがたくさんだったので、「忘れる前に早く!」と必死でした^^
それと、今回は過去最高に聞きとりができたので、それもより詳しく書けた原因かもしれませんね。
だいぶ「ジキハイ耳」になってきたようです^^

記憶力は年々衰えていくので、毎回集中力100%です♪
2015-01-24 09:36 : RYU URL : 編集
RYUさん凄いです!
本当に詳しくありがとうございます。

あの日の舞台が蘇りバクバクしてきました。
分からない所々がいっぱいで想像しながら観ているので、そうだったんだと納得しながらまた観劇した気分です。

あ~やっぱりスンウさんは本当に凄い俳優様です!
待ちに待った甲斐がありました♪
どうにかしてもう1回は観ないと~

本当に大作をありがとうございました(^^)b

2015-01-24 10:23 : kunyon URL : 編集
kunyonさん
蘇りましたか~?!
何よりです^^
私も書きながら、あの舞台を思い出しバクバクしていました!
追体験バンザイ!!、という感じです*^^*

> あ~やっぱりスンウさんは本当に凄い俳優様です!

同感、同感!
初回とは、別物だったでしょう?
観る度に「すごい人」度合いがUPしていくのですから、ホントに「すごい人」ですよね^^
これからまた何が出てくるか、ワクワク感も高まって行きますね。

> どうにかしてもう1回は観ないと~

叶うことを願っております!!
ぜひぜひ^^
2015-01-24 10:45 : RYU URL : 編集
何といってもチョ・スンウ氏なんですね
RYUさんの熱い熱いレポート、ご覧になった方たちの熱い盛り上がり、、、
いつかきっと観に参ります。
いろんな事情で、ちょっと先になりそうですが、、、

わくわくドキドキして待ちます。
それまでみなさんのお話を楽しませていただきます。
これからもいろいろなミュージカル、コンサートのお話いっぱいお願いします。
2015-01-25 00:01 : KAYA URL : 編集
RYUさん
こんばんは

またお邪魔いたします
今、ソウルから、これを書いてます。
前回の観覧から二週間で、また観に来てしまいした(^-^)

渡韓前にもRYUさんのレポを読んで帰ってきてからまた読んで・・・

本当に予習に復習に大活躍です
ありがとうございます!

今日もとても良かったです♪♪♪

子守唄のように睡魔に襲われるという方もいらっしゃいますが、私は今日も目を見開き、耳をダンボにしていました

アドリブのセリフが聞こえるか、何度みてもカッコいい回し蹴りがみられるか、左手はどう表現されるのか等々・・

どこをとっても素晴らしかったです

私の好きな「The Way Back」の最後は、今日も가겠어~ではなく
나의길을~でした

普通に歌うのはやめたのでしょうか(^_^;)

ジョンハンさんもウンテさんも観て、それぞれ違いがあり、それぞれが良かったですが、私の中では、やっぱりチョジキルが最高です!

明日も観てきます
明日はスーパー神席です♪

2015-01-25 00:50 : kei♪ URL : 編集
KAYAさん
何といっても・・・・・
と思っているわけではないのですが、スンウさんの作品にはいつも鷲掴みにされ、結局何度もリピートしてしまいます*^^*
私にとっては、声の演技も歌声も、ツボな俳優さんです♡

> いつかきっと観に参ります。

はい、いつか是非!!
これからも様々な作品に出演されるはずなので、きっとチャンスはあると思われます^^

> これからもいろいろなミュージカル、コンサートのお話いっぱいお願いします。

ご期待に添えられるかは・・・・
でも、心のままに書いていくので、楽しんでいただけたら嬉しいです!!
2015-01-25 19:36 : RYU URL : 編集
kei♪さん
わぁ、ソウルからありがとうございます^^

調子いのですね。
嬉しい限りです!
ミュー友さんによると、今日のマチネのスンウさんも絶好調だったようで・・・・
これから最後までずっと体調をキープして、私たちをワクワクさせてほしいですね♡

> 私の好きな「The Way Back」の最後は、今日も가겠어~ではなく
> 나의길을~でした

私もこの歌、大好きです♡
次回は、しっかり耳をそばだてて聴いてきたいと思います。
そんな時に限って、元に戻っていたりして^^

> ジョンハンさんもウンテさんも観て、それぞれ違いがあり、それぞれが良かったですが、私の中では、やっぱりチョジキルが最高です!

そりゃあ、そうでしょうとも!!
お気持ちよくわかりますよ^^

私は昨日、チョ・スンウマニアのみなさんと「お宝映像上映会」をして、様々な映像を見ながら5時間半!
スンウさんの話で大いに盛り上がり、とても楽しい時間を過ごしました。
結果、次のジキハイがますます楽しみになってきました♡
あと、何回観られるでしょうか・・・・・
2015-01-25 19:45 : RYU URL : 編集
わ~~~
やはりメモ取られてるんですね~
RYUさんの見解を読みながら、共感する部分もあり、
見落としてしまった部分もあり・・・です。

>問題のキスシーン

今回初めてリナさんとの組み合わせで観たんですが、
キスの時間、長かったです!!
翌日も初見のリサさんでしたが、こちらはあっさり。
相手役で変えてるのか、気分なのか・・・笑

真面目なジギルも、自分を慕ってくれる女性を前にすると、
理性を失ってしまうんだなぁ、と思っていますが、
確かに下手で左手を見ています。
それは、徐々に変化していく自分自身への不安な眼差しで、
ハイドがルーシーの唇を求めるのも、
単に自分を愛して欲しいから、だと思っていましたが、
あそこをジギルを装ったハイド、と考えると、
解釈が変わりますね。
さてどうしましょ、また見たくなってきました。

私もAliveでの回し蹴りが好きですよ~^^
2015-01-30 00:52 : sakaki☆ URL : 編集
sakaki☆さん
おかえりなさい!
チョジキルを堪能されたようで、こちらまで笑顔になります^^

> やはりメモ取られてるんですね~

そうです、そうです!
観終わったそばから、どんどん記憶が転がり落ちていくので、食い止めるのに必死になってメモを取りました。
時に今回はたくさんポイントがあったので^^

> 今回初めてリナさんとの組み合わせで観たんですが、
> キスの時間、長かったです!!

やっぱり~^^?
大きな声では言えませんが、私もリナさんとのキスシーンやエロシーンは、他の方の時よりも濃密なような気がしていました。
女性アイドルグループ好きなスンウさんなので、相手役によって感情の入り方が違うのかな?、なんて詮索しちゃいます。
sakaki☆さんと、共感しあえて嬉しいです^^

> ハイドがルーシーの唇を求めるのも、
> 単に自分を愛して欲しいから、だと思っていましたが、
> あそこをジギルを装ったハイド、と考えると、
> 解釈が変わりますね。

ふむふむ、なるほど~!
そういう見方もありますねぇ。
イロイロ考え始めると、ますます泥沼にハマって行きそうです!
でも、楽しくて仕方がないです*^^*

> さてどうしましょ、また見たくなってきました。

行きましょ、行きましょ!!
そして、一緒に語り合いましょう~^^

> 私もAliveでの回し蹴りが好きですよ~^^

ですよね、ですよね!

あ~、早くまたお目にかかりたいです♡
2015-01-30 06:21 : RYU URL : 編集
No title
舞台を観た後、本当に回し蹴りがカッコよかった!

これだ!って思いました。
2015-02-03 22:27 : Fuku URL : 編集
Fukuさん
> 舞台を観た後、本当に回し蹴りがカッコよかった!
> これだ!って思いました。

共感していただいて、ありがとうございます^^
この回し蹴りにハマっているマニアの方、多いようですよ!!
2015-02-04 22:20 : RYU URL : 編集
引用させて頂きました。
いつも他所で大変お世話になっております、iceskateです。
コメント入力が夜分遅くになってしまい、申し訳ありません。。
さきほど、トラックバックも致しましたが、私のブログ記事に、こちらの記事を引用させて頂きました。
いつも、詳しい鑑賞レポートを、本当にありがとうございます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
2015-06-01 00:02 : iceskate URL : 編集
iceskateさん
はじめまして・・・・でよいのでしょうか?
ペンチャンさんのところで、HNを拝見させていただいたことがあるので、初めてのような気がしませんが^^

> さきほど、トラックバックも致しましたが、私のブログ記事に、こちらの記事を引用させて頂きました。

ご丁寧にありがとうございます。
私の記事が何かのお役に立つのであれば、ご活用ください^^
情報が満載のブログ、見せていただきました!
すごいですね~!!

> いつも、詳しい鑑賞レポートを、本当にありがとうございます。

いえいえ、まだチョジキルの千秋楽を書いていなくて、ずっと心の中に引っかかっています。
でも、必ず書きます^^!

> 今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

こちらこそ、よろしくお願いいたします♪
2015-06-02 21:47 : RYU URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

마음 대로・・・心のままに、書いてみようと思います。 大好きなこと・人・日々の出来事・・・・もしよかったら、お付き合い下さい^^

RYU

Author:RYU
コメントは、承認制になっております。
画面に反映されるまで多少時間がかかります。
ご了承ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード